不動産関連用語の解説

不動産用語集

賃貸アパートやマンションを借りる時に役立つ不動産用語集です。

不動産用語の説明

礼金

礼金は家主にたいして支払うお礼になります。
礼金は 契約を解約(退去)しても返金されません。

共益費・管理費

毎月の家賃と一緒に支払います。共益費の用途はアパート、マンションの共有部分(廊下・玄関ホール・エレベーター・共有の電気代)などの維持管理に使われます。

仲介手数料

仲介手数料は、契約時に契約を仲介した業者(不動産会社など)に支払う手数料のことです。共益費などを含まない家賃の1ヶ月分が仲介手数料としての相場です。

火災保険

建物の賃貸借契約を結ぶ際に、指定の保険に入ることを条件とされる場合が多くあります。ご自身のためにも必ず入った方がいいでしょう。一般に火災保険と呼ばれていますが、火災だけでなく、盗難や水もれなどその他にも多くのオプションがついている事もありますので、契約時に確認しておきましょう。

日割り家賃

日割り家賃とは、例えば月の途中で入居、又は契約した場合に利用した日数を家賃として請求する事を言います。ら
計算方法は、(家賃+共益費)÷30日(※1)×残日数=日割り家賃。この時家賃以外に水道代や車庫代も契約で定まっていれば家賃に足し計算します。(※1:30日は、1ヵ月の日数の関係で31や28で割る事もあります。)

特約事項

契約書ではカバーしきれない内容を定めるために設けられた項目のこと。特約事項の内容として多いのは、ペットの飼育を禁止についてや、楽器の演奏、日常生活をする上で入居者問でのトラフルを未然に防ぐために設けられたものが多くあります。

連帯保証人

賃貸物件を借りる時、ほとんどの場合、保証人の署名捺印が必要です。家賃の滞納、物件を破損してしまった場合など敷金ではまかない時で借主が支払えないときにためです。

分譲賃貸

分譲マンションなどを購入した人が貸主となり、その物件を賃貸マンションとした物件。

ロフト

ロフトとは屋根裏部屋や、天井部を高くして部屋の一部を二層式にしたタイフのことを言います。寝室や物置として利用できるので、部屋を広く使えます。

メゾネット

普通のマンションは1層のみなのに対し、メゾネットは1住戸が2層を占めている。マンション内で2階建てになっているようなイメージです。